体力作りをしておく

夜勤がある場合対応できる体力が必要

工場は24時間稼働している所も多く、深夜勤務がある会社も少なくありません。夜勤は給与額が高めになるので、がっつり稼ぎたい人は夜の勤務のある工場の求人を狙います。しかしやはり日中の仕事とは異なり、夜中に働くのは体力が要ります。入社したところで体がついていかないとなると、本人もしんどいですし会社側も困るでしょう。だからこそ、夜勤の工場職の面接では体力があるかどうかが重要になってくるのです。いくら志望動機をハキハキ答えることができても、体が弱そうと見られてしまうと採用してもらえません。工場の夜勤業務をしたいのであれば、それに向けてしっかりと体を鍛えておきたいものです。何かスポーツをしていることは、履歴書審査でも有利になるはずです。

腕力と足腰のタフさが求められる

工場職では重い荷物を持ち上げたり運んだりしなければならない作業もあります。例えば塗料製造会社では、ペンキの缶を移動させるなどの仕事も見られます。勿論腕力は欠かせません。さらにこのときにか弱い人は、腰痛になることがあるのです。ライン作業も1日中立ちっぱなしですし、長時間集中して作業し続けることも体力が必要です。簡単な作業でも力仕事があるので、それに対応できるだけの体力は必須です。 足腰を鍛えておかなければ、ずっと立っているだけでも疲れてしまうでしょう。工場職では腕力と足腰の強さが求められます。普段から腕立て伏せやランニング、スクワットなどでタフな身体作りをしておけば安心です。面接では、「立ちっぱなしでも大丈夫ですか?」などと聞かれることも多いです。