残業の有無を確認する

工場の求人を選択するために気を付けた方が良いこと

工場の労働者として働くには、労働時間、賃金、休み、福利厚生、時間外労働など、勤務条件を十分にチェックすることも重要です。現代の資本主義における日本社会では、過重労働、不当解雇、低賃金、所得格差など多くの労働問題があります。労使間のトラブルになるリスクを避け、ストレスなくスムーズに働けるようにするためには、労働者の権利や労働法を事前に調べ、工場の求人も注意して読んでおくと良いでしょう。特に時間外労働の形態や残業の有無を中心に情報収集をしておきましょう。残業をしたい場合も、そうでない場合も早めに現状を把握して、会社側へも伝えると良いでしょう。

歴史的にも、日本だけではなくヨーロッパの国々などで工場労働者の人権は問題視されてきました。特に産業革命後、急速に工業が発展し近代化が進むイギリスやフランスでは、多くの労働者が工場で雇用され労使交渉がなされてきたという経緯があります。

工場労働者と労使間の対立の歴史

このように、工場で働く人々は労働者と資本家という関係性において不利益を被る社会的な立場を認識してきたという歴史的な背景があります。例えば、産業革命直後におけるイギリスの工場労働者が過酷な労働環境に置かれていたことは有名ですし、日本でも明治時代には製糸工場の現場で働く女性の長時間労働は深刻でした。こうした状況を改善するために、労働組合の設立、労働関連の法整備、労使交渉などは、世界でも日本でも進められ、現在に至ります。

時代は変わりましたが現在の工場労働という仕事も、その歴史的背景の影響があることを忘れてはいけません。基本的に、工場労働者は労使間では不利な立場におかれることが多いシステムになっています。それは資本主義という産業構造が維持されている限り、大幅な変化が起こることは考えづらいという現実があります。このことから、工場の求人に応募する場合自らの労働者としての人権を守る必要性が生じるのです。