応募する工場の評判について調べる

社員の年齢が偏っていないか

応募したい工場がある場合は,社員の年齢を確認してみることをお勧め致します。もし,20代から50代までの社員の年齢が均等にばらついている場合は,その工場は長年上手に経営してきたことが分かりますし,また,世代間の人間関係のトラブルもなく,核となる社員が3~5年間隔で育っていると考えられます。しかし,20代から30代までの社員が多く,年配の社員が少ない場合は,その工場では,定年まで働き続ける人が少ないのかもしれません。40代,50代の社員が多く若手の社員が少ない場合は,新人を採用してもすぐに辞めてしまった可能性がありますし,会社の経営が苦しい時期が続き新人を採用できなかったことも考えられます。工場の求人に応募する際は,社員の世代間のばらつきが均等かどうかを確認し,ばらつきが均等でない場合はご注意ください。

求人広告を頻繁に掲載している

応募したい工場の求人が,求人サイトに頻繁に出ているかどうか確認してみると良いと思います。通常,定年退職以外の理由でやめた場合,会社は求人を出して社員を補充します。しかし,入社した社員は,最低でも数年間は働き続けるでしょうから,社員が頻繁に辞めない限り求人を出し続ける必要はありません。つまり,頻繁に求人広告を出している工場は,社員が度々辞めていると推測されます。もし工場の景気が良くて新工場増設のために増員する場合は問題ありません。その場合は,求人広告にも「新工場増設のための増員募集」と記載されるでしょう。よって,あなたが応募したい工場が,求人サイトに頻繁に求人広告を掲載している場合は,その工場の口コミなどをネットで調べたり知り合いに確認したりして、情報を集めた上で応募するかどうか判断してください。