人手不足で手が回らなくなっていないか調べる

労働条件がよくない可能性がある

工場で働きたいと考えている方は、求人情報を読んで条件のよいところを探しているでしょう。しかし、人手不足のため手がまわらなくなっている工場もあるので注意しなければいけません。人手不足のところは、どうしても一人ひとりの負担が大きくなってしまいます。そのため、求人情報に載っている仕事よりも、ずっと大変な作業を強いられる可能性もあります。経験者ならまだしも未経験者で仕事を始めたのなら、作業にまったくついていけず心身とも疲れてしまうケースもあるでしょう。それなのに、求人情報に掲載されている通りの賃金しか支払ってくれないケースが数多くあるため、慢性的な人手不足の工場で働くのはかなりのデメリットがあるといえます。

人手不足なのか調べる方法

人手不足なのかどうかを知りたい場合は、面接のときに工場のスタッフに聞いてしまうのが一番簡単な方法です。『人手不足』という言葉を使うのに抵抗があるなら、どのくらい忙しいのか質問するのもよいでしょう。しかし、とにかく人を集めたいと考えている工場では、デメリットを思わせる発言は聞き出せないかもしれません。そのときは、過去の求人情報をリサーチして、どのくらいの頻度で募集されているかをチェックしてみましょう。やはり、いつの情報をチェックしても人材を募集している工場は人手不足の可能性が高くなります。世の中には工場の仕事はたくさんあり、条件のよいところもいろいろとあるので人手不足ではないところを探して応募しましょう。

住み込みの工場の仕事は住処を確保できるので地方からの転職に適しています。一方で雇用期間が満了すると退居しなければいけないので、期間工など短期の仕事は特に注意が必要です。